視力測定

最近のトラックバック

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

「視力回復」カテゴリ作成!

ウィンク回復法を実践中のzgokモノアイです。

ココログで作成している当ブログ、いままでカテゴリ登録をしていなかったので先日登録をしてみました。

大カテゴリの美容・健康・ファッション→美容・健康へとカテゴリ選択。

「ファッション・アクセサリ」「ダイエット」…さほど多くない小カテゴリたち。

お、「レーシック」なんてのもありますね。

しかし…しかぁし!

なぜか「視力回復」がない…

なぜだ!!!

ここで「坊やだからさ…」と思った人、仲良くなれそうです
(* ̄ー ̄*)

仕方なく「レーシック」か「健康」に登録しようとしたところ、ココログではカテゴリを作成することができることが判明。

ということで、作成しました、「視力回復」カテゴリ!

もちろん登録第1号。

当然ながら、いまのところナンバー1のオンリー1です(^-^;

カテゴリ登録すると検索にヒットしやすくなるようなので、少しでもウィンク法が広まれば、と思います。

ただ、カテゴリ名としてふさわしくないとしてココログ側に削除されなければ、の話ですが…( ̄ー+ ̄)

追伸:いくつかカテゴリ選択できるようなので「レーシック」と「健康」にも参加してみました。

ポチっとよろしく!

眼球運動動画発見。

ウィンク視力回復法を実践中のzgokモノアイです。

youtubeを「視力」で検索していたら中川和宏先生が出ていたテレビ番組を見つけました。

光浦さんを実験台にして眼球運動などを伝授しています。※音声が出ますのでご注意を。

数分すると元に戻っちゃうんでしょうけどね。

なんにしても毎日続けなければダメなんでしょう。

視力回復合宿!?

ウィンク回復法を実践中のzgokモノアです。

以前、「雑誌の取材!?」の記事でご紹介した「はつらつ元気」が先日届きました。

約90ページにわたっていろいろな視力回復法やサプリ系の紹介がされていました。

ウィンク法の神絵氏や監修のほんべ先生が掲載されています。ほんべ先生はチベットホイールを紹介されていました。

そのなかでもひときわ目を引いたのが「視力回復合宿」の記事。

なんと斬新なイベント!Σ( ̄ロ ̄lll)

目が良くなる整体師・佐々木さんという方が主宰されているようで、長野県の民宿で体操・食事・屋外での視力回復訓練など、3日間にわたって集中的に視力回復を目指すというもののようです。

3日間の合宿で0.2から1.0にアップしたという方までいらっしゃったとのこと。

ふだんからパソコンやテレビ、ケータイなどに囲まれている現代日本人にとっては遠くの景色が見える環境に身を置くということがすでに目にとっていいことなのかもしれません。

なにはともあれ、「泊まり込みで視力回復」っていうコンセプトがすごいじゃありませんか。

みんなで実践すれば検体が多くてサンプルデータがたくさん取れるってことでもありますからね。志を同じくする者がいっぱい集まればやる気も出るし情報交換もできます。

視力回復法を10年以上にわたって追い求めている自分としてはこの合宿は外せない斬新なイベントじゃないかと思うんですがねぇ。

ちょっと出かけてくるねーって言っといて帰ってきたら裸眼生活!…なんてなったら最高なんですがね。

もしかして間違えてた?

ウィンク視力回復法の実践中のzgokモノアイです。

ここ数ヵ月ウィンク法を実践してぼちぼち成果も出ているわけですが、今更ながらやり方を少し間違えていたのではないか?と思う今日この頃。

昔から視力を上げるには「遠くを見る」のが一般的な方法とされてきました。眼精疲労や筋肉の過度な緊張による近視については実に理にかなった方法です。

なので、いままで裸眼でなるべく遠くを見るようにしたり、ウィンク法をやるときにもボヤけてはいてもなるべく遠くの文字などを見るようにしていました。

しかし最近、「見えるか見えないか、くらいの距離」で訓練をするとくっきりはっきり度が増すような気がしています。

というか、著者は最初からそう書いていたのですが、「よく見えてなくても遠くを見るに越したことはないんじゃね?」って勝手な解釈をしていました。神絵さんすいません。これからちゃんとやります。

中川和宏氏が言っているように、脳が視覚の重要な役割を果たしています。先日のメガネ屋さんも「多少の近視や乱視は脳がある程度までは調節してくれます」と言ってたし。

ただ遠くて全く見えないモノを見ていると、脳が調節しようにもやりようがなく、見ることを諦めてしまうのではないか?

「少し調節すれば見えるぞ」って希望を脳が持ってくれるような距離、つまり「見えるか見えないか、くらいの距離」が一番脳に効くのではないか、と改めて気づきました。

もしかしたらウィンク法の科学的根拠は、「片眼づつ見ることで脳の調節機能を復活させる」ことにあるのではないか?という気もしています。

最初から忠実にやっていればもっと早く成果が出た…かもしれない(^^ゞ

まぁ今からでも遅くない、と勝手に納得。

特大ランドルト環を用意して自宅に設置しなければ。

本日よりウィンク法、2ndステージ突入です。

雑誌の取材!?

ウィンク視力回復法を実践中のzgokモノアイです。

気づけば1週間空いてしましました(^^ゞ

資格試験の勉強をしなければいけなかったため、ここ数日はあまり訓練できず。本日より本格的に再開します。

さて、本ブログの「これだけ回復してます」の記事のところに5/15付で以下のようなコメントをいただいておりました。要約すると、

「ある健康誌でウィンク法を掲載するので、体験者としてお話聞かせてもらえません?」

という内容。これっていわゆる取材ってこと?と半ばビビリつつ「現状報告程度でよければ」と返事をしました。

最終的には締切などの関係でほかの体験者の方々を掲載することで刊行されたようですが、雑誌に載るなんて全く縁のない世界に生きてるのでとてもおもしろい話でした。

「ぜひ話きかせてくれー」って言われる日を目指して引き続き視力回復に励みます。

ところで今回お話いただいた健康誌、視力回復特集組んでいるようなので購入させてもらいました。せっかくのご縁なので。

まだ手元にないので読めていませんが、神絵氏やウィンク法関連本の監修をされたほんべ先生が記事になっているようです。

視力回復ももちろんですが、私には飛蚊症の症状があるのでそれの対処法など参考になる内容が多ければいいなーと思っています。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

今回のメイン教材です

  • 今までで最も効果を実感してます
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ