視力測定

最近のトラックバック

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

メガネのレンズ交換してきました

ウィンク視力回復法を実践中のzgokモノアイです。

先日視力検査を行い、コンタクト度数が3段階改善しました!詳細はコチラ

さて、コンタクトの度数が3段階も下がったのだからメガネもそのままじゃいかんでしょ~ってことでメガネのレンズ交換にメガネ屋へ。

実際、現行のメガネをかけているとこめかみのあたりがピキピキ(?)するし、なにより回復しかけた視力が度の強いメガネをかけることによって元に戻されているような気がするので、出費覚悟のレンズ交換。

幸い、当ブログのAmazonリンクからウィンク法の本を購入してくださった方がたくさんいらっしゃり、紹介料を頂いたのでそれをレンズ交換費用に充てさせていただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。┏○ペコリ

レンズ交換の目標はコンタクトと同じ、3段階の改善です。

メガネ屋で度が合わないことを告げて検査へ。

まずはおなじみの覗く機械(気球や家にピントが合ったと思ったらすぐにボヤけてしまうアレ。屈折率を測っているらしい)で検査し、つぎにレンズを交換しながらのランドルト環による微調整。

両眼で1.2の視力が出たところで店員さんに現行レンズとの差を確認すると…

「右眼は2段階、左眼は同じです」

んん?たいして変わっていないってことですか?おまけにいま入っていない乱視まで入れられそうになってるし。

いろいろ試した結果、

右眼2段階、左眼1段階(乱視ナシ)、両眼で1.0

というレンズを作成。ちょっと妥協しました。見えないってわけにもいかないしね…。

店員さんに0になるまであと度数いくつあるか聞いてみたら

「右眼21段階、左眼24段階くらい」

との回答。2ヶ月で2段階ってことは1ヶ月に1段階だから、残り21ヶ月!しかも左眼は48段階!丸4年ってことかい…。先は長い。

いまいちパッとしない成果でしたが、レンズ代が30%以上割引きだったので良しとしましょう。

約40分で交換が終わり(早ッ)、新しいレンズで帰宅。さすがに眼がラクになりました。

次は3ヶ月以内を目安に交換できればと思います。キャンペーン期間を狙わないと破産しちゃいますケド。

新しいレンズはこんなに薄くなりました!↓

G_3

うーん、びみょ~!

しかし確実に薄いのです。ホントです。いいんです自己満足でも。

これからレンズのコレクションが増えていく予定です。

夢にまで…

ウィンク視力回復法を実践中のzgokモノアイです。

先日視力検査を行い、コンタクト度数が3段階改善しました!詳細はコチラ

さて、3段階改善に気を良くして引き続きウィンク法やその他の視力改善法を実践しているわけですが、昨日ついにその時が来ました!

メガネを外した瞬間にボヤケていた対象物がくっきりハッキリ(ジャ○ネット?)見えたのです!!!

これならメガネもコンタクトもいらないじゃーん。

完全回復成功!

…って思いましたが、そう思う一方、うっすら分かっていました。

それが夢の中だってことを…( ̄▽ ̄)

心なしか、目が覚めたあと眼筋周りにかなりな疲労感を感じました。

きっと寝ている間にもマブタの下の眼球は激しく運動していたのでしょう。

これは近い将来起こることのシュミレーションだったということにして、再び地道にウィンクを続けるのでアリマシタ。

にしてもなかなかリアルな夢でした。

視力検査行ってきました!

ウィンク視力回復法を実践中のzgokモノアイです。

ついに行ってきました、視力検査

検査といっても、今回はコンタクトの処方箋用の検診を受けたので正確な視力数値は出ませんが、コンタクト度数から回復具合を探ろうという作戦。

前回(2008年だったかな?)に同じクリニックで検診を受けて処方されたコンタクトの度数は

右眼、左眼ともに 「 -6.0 」 でした。

そして、今回の結果は…

右眼… -5.0

左眼… -5.5

でした!うーん、ビミョー!(^-^;

しかし確実に度数は弱くなっています。0.25きざみで段階が決まっているらしく、右眼は4段階、左眼は3段階弱くなりました。

もちろん、ブログネタ用にいい数値を出すよう仕向けたことはありません。どちらも前回と同じく片眼で1.2出るように調整してもらいました。ただ、右眼は-5.0と-5.5の間くらいだったので、今回の結果では

「両眼とも3段階弱くなった」

という結論がいいのではないかと思います。

ちなみに、この度数では裸眼の視力はどのくらいですか?って聞いたところ、

「だいたい0.05前後ですかねぇ…」

との返事。…ん?簡易測定での「右0.2、左0.08」っていう数値はいったい…?

多少の疑問は残りますが、とにかく度数を弱めることに成功したようです。

約2ヶ月で3段階改善ってことは、1ヶ月では1.5段階改善できるとして、-5.5を0まで持っていくには…

5.5÷0.25=22段階残っているから、

22段階÷1ヶ月あたり1.5段階改善=14.6ヶ月→2011年8月くらい

という皮算用ですね。計算合ってるのかな…(^-^;

計算結果はともかく、コンタクト度数から視力の改善傾向が数値として表れ、ひとまずは満足です。これでモチベーションが保てます。これを励みにして、引き続きウィンク視力回復法を中心に視力改善に努めていきます!

私にとっては3段階の改善はかなりな成果だと思うのですが、読んでくださっている皆さんにとってはどうなんでしょう?よろしければご感想をコメント欄にお願いします。

ちなみに、証拠品の-5.5コンタクトはまだ購入してません。実際コンタクトは必要ないので…。もし買ったら戦利品として画像を載せます。

眼帯付けることにしました

ウィンク視力回復法を実践中のzgokモノアイです。

しばらく日が空いてしまいました…(^-^;

とつぜんですが、最近自宅にいるときに眼帯を付けるようにしています。

近所のドラッグストアで買ってきた普通の眼帯です。

片目で約20分づつ付けています。

すこし前の記事のようですが、眼帯療法というものを読み、ウィンク法の延長にもなるかなぁと思って始めてみました。

片目でチベットホイールを見たり本を読んでみたりしています。テレビを観るのはあまり良くないらしいので控えてます。

現在のところ効果のほどは全く不明。子どもに眼帯を付けさせることは眼科医が警告していることもあり、オススメできるものではないかもしれませんが、2ちゃんねるなどで長時間ウィンク法を実践している人もいるようなので試してみたいと思います。なにごとも実験です。

そろそろ検査をしに行きたいのだが、時間が…

医学の進歩ってすばらしい…

ウィンク視力回復法を実践中のzgokモノアイです。

昨夜(本日早朝?)は、深夜3時すぎまでPC使ってました。実はこれがいちばん眼に悪いかも…。ほっとアイマスクしながら寝ました。

さて、5/2(日)のフジ系エチカの鏡。脳と眼の関係についての内容だったので観てみました。

脳と視力の関係については中川和宏さんの著作で何度か読んだことがありましたが、このテレビでは

「視覚を鍛えることによって脳の潜在能力を引き出す」

みたいな内容で、速読や周辺視野を広げる訓練をススメていました。

視力回復法に興味ある方にはおなじみの眼球運動などもありましたが番組の大半は視力回復には直接関係のない内容でした。

しかし、最後に「手術をしなくても近視が治る!」っていうことで紹介されていたのがオルソケラトロジー。寝ている間に角膜矯正用のコンタクトをつけてその日一日は視力が回復する、ってウワサのアレです。

番組ではオルソケラトロジーという治療法名ではなかったですが、同じものだと思っていいでしょう。

そこで眼科医が気になる発言をしておりました。

このオルソケラトロジー、いまは矯正コンタクトの効果は1日ですが、ゆくゆくは効果を数日から1ヶ月へと延ばしていき、最終的には矯正コンタクトを1回装着しただけて近視が治るような形にできるのではないか、とのこと。しかも数年のうちに。

録画してないので正確な内容ではないですが、だいたいそんな感じでした。

眼科では5年前の常識は現在ではすでに通用しない、とも。それだけ進歩している、ってことでしょうね。

もしこれが現実になったら素晴らしいですねー。普及すればどんどん価格も下がるだろうし。ちなみにいまオルソケラトロジーは20万とかかかります。高い。

近い将来、ホントに近視は無くなるかもしれません。

そうなればいいなー、と思いつつ、今はせっせと自力回復に励みます。

ほっとアイマスク試用中…

ウィンク視力回復法を実践中のzgokモノアイです。

こーゆーものは30すぎの男が使うものじゃないなーと勝手に思い込んでいましたが、視力回復の大義名分のもと、買ってみました。

蒸気でホットアイマスク

ウィンク法の本にも風呂でタオル使って眼を温める方法がススメられていたので使ってみることにしました。入浴時にはウィンク法をやっているのでタオルで温める時間がないっていう事情もありまして。

今日まで2枚使っただけですが、使用後はとても不思議な感覚になります。

確かに眼のまわりがスッキリします。これは前評判どおり。

それ以上に、うまく表現できないのですが、なんというか…「対象物との距離が近くに見えるっていう表現がいちばん合います。メガネかけると焦点が合わせづらい

乱視によるボヤケ部分も小さくなっているように思えます。

視覚的な効果が分かるのはだいたい数分。その後はガンコな眼筋の緊張?が勝ってしまいます。

眼精疲労が取れそうなので睡眠前には良いんじゃないでしょうか。

効果アリだとは思いますが、風呂タオルでも同じようなことができる以上、1枚80円前後のコストをかけて購入することがどうなのか…(^^ゞ

5枚買って残り3枚あるのですが、この3枚を連続で使い続けたらどうなるのか?って実験をしてみたい。効果3倍?を期待したい。

人類の敵?「軸性近視」

ウィンク視力回復法を実践中のzgokモノアイです。

けっきょく4月中の視力検査行けず…

さて、近視には「軸性近視」というものがあるそうです。詳しくは知らないのですが、長期間に渡って近視が続き、眼球が変形している状態のことを指すらしいです。

自分も10年以上中度近視が続いているのでこの「軸性近視」かもしれないなぁと思うのですが、「軸性近視」で検索すると

ホントにテンションが下がります。

なぜなら、この軸性近視になってしまったら「視力回復トレーニングは効果がない」という内容が非常に多いのです。

眼精疲労などによる近視を「仮性近視」というらしいですが、巷であふれる視力0.03がわずか数日で0.7に!」とかいう体験談、(もしホントだったとしても)仮性近視の場合にのみしか起こりえないのだそう。

この点からすると寝ている間にコンタクトつけて眼球を矯正するというオルソケラトロジーは効果あるんだろうなーと思います。試してみたい気が…

さて、軸性近視。自分が軸性近視なのかどうかは分かりませんが、いろんな視力回復法を提唱される方は、ぜひ

「軸性近視も回復できます!」

と自信をもって言い切れる方法を見つけてもらいたいものです。

ちなみに、軸性近視というものについては異論もあるようで、統一した見解があるわけではないとも言われています。

まぁ、あまり気にせず自力トレーニング続けることにしていきます。少なくとも逆効果にはならないはずなので。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

今回のメイン教材です

  • 今までで最も効果を実感してます
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ